Emuモデル/キラ☆ドリモデルオーディション結果速報♡


7月20日、原宿アルタ Kawaii CAFE で「emu can Kawaii」キッズ・ジュニアショーモデルと、キラ☆ドリイメージモデル・読者モデルオーディションが開催されました。
今回は共同開催のため応募者数は公表できませんが、エントリーのメールがどんどん届いて、スタッフ一同大忙しの毎日でした☆
オーディションも多数の中から選ばれたみんなだけあって、かなりハイレベル。選考にはすごく時間がかかりました。

オーディションに参加したみんなで記念撮影~♪
Emuモデル、キラ☆ドリモデルオーディション

「emu can Kawaii」キッズ・ジュニアショーモデル

グランプリには、ひなつちゃん、準グランプリは、MOEちゃんが選ばれました。「emu can Kawaii」キッズ・ジュニアショーモデルとして、KARINちゃん(キラ☆ドリ読モ)、ひなたちゃん、りおんちゃん(キラ☆ドリ読モ)、MOEちゃん、沢野井琉加(さわのい るか)ちゃんの4名が選ばれました。

写真、向かって左から、KARINちゃん、ひなたちゃん、りおんちゃん、ひなつちゃん、MOEちゃん、沢野井琉加ちゃん。
Emu モデル

キラ☆ドリイメージモデル・読者モデル

2016キラ☆ドリイメージモデルとして、沢野井琉加ちゃんとMOEちゃんが選ばれました。読者モデルには、あんちゃん、ひなつちゃん、RINAちゃん、mionちゃんの4名が選ばれました。
これから、キラ☆ドリにもたくさん登場していきますので、応援よろしくお願いします♡

写真、向かって左から、あんちゃん、ひなつちゃん、沢野井琉加ちゃん、MOEちゃん、RINAちゃん、mionちゃん。
キラ☆ドリ新読モ&2016イメージモデル

スタッフからちょっとだけアドバイス

今回、オーディションに参加してくれたみんなはとってもハイレベル!モデルとしての基本的な技術に問題がある子はほとんどいませんでした。
その分、ちょっとした事もとても大事になるので、気づいたことをいくつかあげてみます。

上手にポーズをつくれる子でも、一つ一つのポーズをしっかり見せられていない、という子もいました。「一つのポーズをつくったら、しっかり止まって見せる」ことが出来るようになるとワンランクアップしたポージングになるので、ポージングをする時にはその事もちょっと気をつけてみてくださいね。

審査中の姿勢で気になる点もありました。今回の審査では自分の番じゃないときはステージの後ろのほうで待機していましたが、その時に髪の毛やアクセサリーをいじったり、きょろきょろしたりする子もいました。審査する人はステージ上のみんなをみていますので、自分の番じゃないからと気をゆるめないように注意しましょう。

「笑顔で大きな声で挨拶をする」、これはハッピーに過ごす為の基本です。普段の生活でしっかり挨拶をしていれば、オーディションの為にわざわざ気をつけなくても良いと思いますよ。

合格した子も、残念な結果になっちゃった子も、今回の経験をいかしてステップアップしてもらえたら嬉しいです。

Photo: チャーリー